「昨年春―東京の中学からスカウトしてきた仙道が入学した。
入学早々にもかかわらず仙道のプレイは時には大黒柱・魚住をも圧倒するほどの破壊力を見せつけた。
そんな時なぜか決まってもう一人の男が魚住に挑みかかった。福田という新入生だ。かなうはずはない。新入生の中で一番下手だったからだ。だがいつも福田は仙道に対抗意識を持っていた…。まったく身の程知らずな奴だった。一番下手なくせに仙道を妙に意識しているんだからなあ。だがそのプレイには当時からどこかスケールの大きさを感じさせるものがあった」

これはかの有名なバスケ漫画「SLAMDUNK(スラムダンク)」の一場面である。ちなみに、スラムダンクの内容は桜木花道という男がバスケットと出会い、そのチーム「湘北高校バスケ部」と共に過ごした高校の夏のインターハイまでの勝負や練習風景などを描いた漫画である。
この漫画の素晴らしいところは湘北高校だけでなく、登場するチーム全てが魅力的に詳細に描かれているところである。同じ神奈川の強豪である陵南、海南、翔陽…。これらの高校のそれぞれに特徴があり、ドラマがあるのである。そのため、湘北高校以外の試合も描かれることも多い。その中で今回取り出したのは全国大会出場を掛けた陵南と海南の試合で、陵南の監督が一人で回想している場面である。

陵南には福田吉兆という、陵南バスケ部のオフェンスのキーマンがいる。冒頭の部分はこの福田吉兆の過去、入学当時を監督・田岡が思い出している場面である。他の強豪校から「猛烈な勢いで伸び続ける男」と恐れられた福田吉兆とは、どんな人間だったのだろうか。

陵南には既に仙道という大エースがいた。中学の時から東京で名を馳せ、高校バスケ界でも雑誌に「天才・仙道」と評されるほどの繊細かつダイナミックなプレイをする、本当に天才肌のプレイヤーだった。そんな彼はもちろん入部した時から先輩はごぼう抜き、一番の大黒柱でもあり、キャプテンだった魚住ですら時には打ち負かすほどで既に頭角を現していた。

誰もが「仙道は特別だ」と思って、特別視していた時にその特別視を許さない男が出てきた。それが福田吉兆である。

特別視することは「仙道には敵わない」と諦めることと同義である。そんな情けない態度は彼の本能が許さなかった。目の前で天才と呼ばれる人間が活躍しているのを見て、「あいつを越えたい」と何故思わないのか。越えたいと思わなければ意味が無い。そうとでも思っていたのだろう。

ちなみに、福田はこの当時最もバスケ歴が短く、最も実力が無かった。だが、彼にはそんなことは関係なかった。

彼は練習をする時はいつも「実力の無い今の自分」ではなく「仙道と張り合う未来の自分」を見据えていた。

そうして彼は仙道と同じかそれ以上の努力をして、ついに魚住・仙道・福田と「陵南のトップキーマン」になり、入学当時から描いていた仙道・福田の「二枚のエース」となったのである。その入学当時の福田の練習風景を見て田岡は思い出し笑いをしたのである。

絶対に自分がうまくならないと、成長しないと、許せないのだ。むしろその向上心は本能に近い。だから、目の前に天才が現れても貪欲に吸収し、絶対にそいつを超えるまで自分を鍛えつづけるのである。

実際に仙道を越えていない点はまだまだあるが、この伸びというものは恐ろしい。先ほど示したところをもう一度よく見てみよう。「福田は最も下手だった」のである。それが今やトップクラスにいる。福田はどんなことをしたのだろうか。最も下から最も上に。

そう。

彼は「仙道を特別視していた同級生」を全員ごぼう抜きしてしまったのである。ここが真に福田のすごいところである。

何故こんなにも同級生と差が付いてしまったのか。それは福田の目指しているところが「他の同級生よりもうまく」ではなく、「最もうまいと言われる仙道よりうまく」であり、その目標が誰よりも高かったからである。

目標が高ければ高いほど、努力のレベルも上がる。努力のレベルが上がれば出てくる結果もレベルが高くなる。こうして際限なく実力が上がっていくのである。

福田吉兆という男のバスケ人生は「抑えられない向上心」と「強大なものに立ち向かう勇気」と「何があっても目指す目標を下げない執着心」で構成されている。
私たちは今どこを目指しているだろうか。福田吉兆に劣らない三要素をしっかり持っているだろうか。もう一度見直してみよう。

漫画の世界ではあるが、夢を見続けて、絶え間ない修練によって夢を成し遂げた男がいたこと、その男がどんな気概を持って普段の練習に臨んだか。

それを忘れないようにしよう。目指すべき目標を高く持ち、粘り強くやる。こうして見ると、自分より圧倒的な実力を持つ人が目の前に現れたら、絶望どころか嬉しくならないか?

スラムダンクが読みたい!と思った方は応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ

リンクのブログもぜひ見ていってくださいね!!(^ω^)面白く、ためになるものばかりです♪