妙手と修練

せっぱつまった時の妙手は、その場の才覚ではめったにひねり出せるものではない。不断の修練による習慣性、いわば一種の本能が期せずしてそれを生み出すのである。



この言葉を聞くといつもアドリブやその場しのぎのアクロバティックな活動をしている自分に辟易してしまう。




「なんとかなるやろ」



なんとかならない確率が99%というのが現実である。



やはり、「勝負は準備の段階で決まっている」という言葉にも代表されるように、不断の準備、または練習・訓練がいざという時に必殺技なるものを生み出すのである。


普段の訓練、要するに下積みがないのにいい結果を出せることはほぼないし、もし結果が出てしまったらその人が気の毒である。そのアクロバティックに頼って普段からの積み重ねをしようとしなくなるからである。



「いざとなったら俺もやるさ」




確かにそれで出来る人間もいるかもしれないが、最高のものを作り出すことはできないだろう。



このブログに来る人は最強・最高の人間を目指していると信じているから、この言葉をしっかり頭に入れて、普段の努力を怠らないようにしよう。



・・・でも、俺はアクロバティックなことを結構しているかもしれない・・・・反省せねば・・・。



このブログが何位かは下をクリックして見てください!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ

リンクのブログもぜひ見ていってくださいね!!(^ω^)面白く、ためになるものばかりです♪