お金持ちになる方法研究会(金方研)

お金持ちになると決めて早5年。実際にお金持ちになる道を突き進みながら日々思ったこと・勉強になったことを綴る密着ライブブログ!

最近、「理想の恋愛とは」と考えることが多かったです。


そう考えていく中で公式が浮かび上がってきました。

僕にとっての「理想の恋愛とは」・・・・?



                  1+1>3


です。


「1+1」とは僕と彼女のこと。



「3」とは「3人前、3人分の実力」です。


通常、男も女も成熟すると「1人前」になるものです。だから、普通に考えて一人前同士が付き合うならそのカップルが持ちうる力は「2人前」のはずです。(ここではカップルになると一つの単体と化すと考えますので悪しからず)

ここで話を変えて、男と女は何故付き合うのかを考えてみましょう。ここが今回の公式を考えるに至ったキモですから。考えてみましょうというか、僕の意見は決まってるんですが(笑)

僕は男女が付き合うのは「お互いの短所を補い合い、直しつつ、お互いの長所を伸ばしあう。そして、それぞれでいた時よりも圧倒的に幸福かつ高次元の人生を送れるようにするため」と考えます。

それを考えると、お互いが付き合う(1+1)ことで付き合う前(2)よりさらに力を持って(3)生きていけるという風に数字で表せると思ったのです(^^)

そしてなぜ「>」なのか。

それは男女が付き合うということは未知の可能性を持っているからと思うからです。

歴史上の偉人や偉業を成し遂げた経済人の伝記を読むと、いつもあるのは「お互いが最高の結婚をしている」ということです。

彼ら一人一人であったならば、そんなに力は発揮できなかったでしょう。全てはカップルになってこそ出た力だと思うのです。

だからこそ、理想の恋愛とは最低でも3以上をいく足し算にならないとだめと思うのです。

しかし、実際は周りを見てみると、1+1<2、ひどい時には1+1<1になっている時もあります。お互いがお互いの足を引っ張り合うのです。

こういう風になるのにはどういう原因ああるのでしょうか。恐らく、それは「目標を共有していないから」だと思います。

お互いに向き合うことばかり考えて、二人が付き合う意義を考えないからです。


お互いに向き合ってばかりで、

お互いの短所が気になりだして、

無視してきた周りの人たちから無視されはじめ、

別れた時には何も残ってない。


そうならないように、二人で達成したいこと、付き合う意義をじっくりと考えてみることが大事なんじゃないかと思います。



「俺たち二人は将来○○なことをしよう!」


そう考えるからこそ二人の付き合い方に希望と行動への熱意が生まれると思います。


ま、現実はなかなかうまくいかないでしょうけどwwwwww


僕は、、今んとこ、安泰です。。彼女の器が広いんでwwww

タイトルの意味は何だと思いますか?


・・・・それは僕が生きてきた中で最も長い連続活動時間のことです。


つい先日、7/5の朝6時から7/8の朝二時まで65時間です。眠らず、休まずやってみました。


やりたいこと、やらねばならないこと。


これらがどれも大きな作業なのに、三つもあったのです。

じゃあ、どうすればいいのか。




全部やっちゃおう!!!!( ^ω^)


・・・ってことになったのです。いつも僕を指導してくれる人生上の師匠たちがいつも自分の体の悲鳴も無視して僕たち学生のために嬉々として活動しているのを見て

「弟子が師匠を越えようともしないなんてなんて恥知らずな門下生か!!」


と反省しまして。

師匠が「12時間ぶっ続けで集中してしまいました(^^)」

と軽く言っていたので、それを越えてみようと。


しっかし・・・。


以外にイケルもんです。

二日目になるとランナーズ・ハイとでも言いますか、逆に疲れを感じなくなってしまいました(爆


みなさんも自分の限界に一度挑戦してみてはどうですか。


絶対自信になりますよ。


僕も今なっています。

最近、非常に調子がいいです。二日間だけど。


みなさんは朝しっかり起きれてますか?
寝坊、二度寝、色々各人の悩みはあるでしょう。

が、今回のテーマは「どうやったら決まった時間に起きれるか」ではなく「どうやったら、決まった時間に目が覚め、

 頭が重くなく、その後一日のリズムが朝の内に生まれそうな起き方ができるか」

です!!

最近なんとか母親に起こされることなく、自分で時間通りに起きれるようになりました。前から思ってたんですけど、僕は「土壇場に強い男」らしいです。しかし、裏を返せば「土壇場までやらない男」なのです。しかも最後のダッシュで人よりいい結果を出してしまったりするのが厄介なんです。そんなの実力でもなんでもないですからね。

でも、そのクソみたいな過程で得た結果がいいもんだから、調子にのったりして余計怠惰になっていくんですよね。

睡眠・起床についてもそう。

いつも(特に友達との待ち合わせなどの「強制力」が存在しない約束)はダラダラしてるけど、何らかの「強制力」や「プレッシャー」がある場合(ex..面接や、バイト)はしっかり起きるんですよね。ひどい時は目覚まし無しで起きるんですよ。

じゃあさ、、、、、


            最初から起きろよっっ!!!!

このブログを見ている全ての方が思ったでしょう。

そう。


最高潮の結果を一回出したなら、それ以下の結果は全て「100%出し切ってない」ということなんですよね。

100mを一回9秒台で走れた人が10秒台だったら、それはどこか本気ではなかったのでしょう。


一回160kmの速球を出した人が150kmだったならそれもどこか本気ではなかったのでしょう。


「普段出している結果が本当の実力だ」


これは自分の不足を認めない方に対して教訓として言われることが多い言葉ですね。そして、昔は凄かったということを鼻にかけるだけで何ら行動を起こさない人に対しては

「過去の栄光にすがるな」

という言葉もあります。

至極妥当だと思います。不足を認められない方や鼻だけ高い方に対して教訓として授けるにはね。


しかし、今回のテーマはそういう次元ではなく、「いかに自分の最高のパフォーマンスを引き出すか」です。そのときの心構えとしては


「普段出している結果が本当の実力ではないと憤る」

「過去の栄光にすがる」

でもいいんじゃないんでしょうか?(^^)ちょっと言葉が悪いですが(「すがる」とか)

つまりは、

自分が最高の結果を過去に残しながら、今それより劣っているということは自分は何らか怠っているのではないか?


俺はもっと昔できたはずだ!今の俺は最高のパフォーマンスではない!


と考えるのもいいのではないか、と思います。そうすると、自分の怠惰を素直に認めることができます。自分のどこが本気でないかを探ろうと本気になります。自分の最高の結果を思い出すことで自分に自信を持つ。それが支えになると思います。

やっぱどんなトンネルでも出口は明るくありたいじゃないですか。

ま、もう一回最高の結果を出したときに「もっと上を目指すぞ!」と思わなければいけないんですけど。停滞はすなわち退化ですからね。ま、それはまた別の記事にでも書きましょう。


話がずれてきましたね。睡眠・起床の話でしたね。要するに、いざとなったときには起きれるくせに普段は起きない。

つまりは「甘え」なんですね。

なんでそうなってしまうのかを考えた時に、思い浮かんだのが「朝起きるのがつらい」。

本当つらんですよ、大学生になってから。

簡単に「甘え」のプロセスを説明すると、

一端、目は開く

眠い、つらい、頭が重い

少しぐらい遅れても・・・

でも起きてみる。しかし、行動速度は通常時の1/5程度。

遅刻

となっていることがわかります。


じゃあ、根本の原因「つらい、きつい、頭が重い」と「行動速度1/5」を除去すればいい!!朝、すっきり目覚めればいいのだ!!!

と考えたわけです。そこにたまたま見つけた雑誌のコラム「現代養生訓 すっきりと目覚めたい!」。


睡眠のメカニズムの説明に始まり、現代社会に生きる僕たちの睡眠という行為の姿勢が書いてあり、非常にためになりました。


そのメカニズム(レム、ノンレム睡眠周期のこと。大体睡眠開始から5時間50分〜6時間の間がベスト)に則った起床時間を設定し、次に「理想的な睡眠へのアプローチ」を読んで、生活に活かしました。

<理想的な睡眠へのアプローチ>

〜畤押α甬き
→二時前には寝るようになりました。七時、八時に起きるようにしました。

昼寝は疲れてる時は午後に一時間ほど取れ
→その習慣は社会人になさそうなので実行してません(笑)

L訝戮まで運動しない
→体が興奮状態で寝れないらしいです。夜の筋トレやめました。

ね縞以降のカフェインは控える
→コーヒー、緑茶やめました。食後の楽しみが・・・・(泣)

ソ⊃価阿望量の牛乳
→消化の良い牛乳を少量飲むと、眠りをサポートしてくれるそうです。僕は晩飯が遅いのでそん時に牛乳飲むことにしました。あ、晩飯が遅いといえば・・・

Πみすぎや食べすぎはだめ
→内臓が働き続けるので睡眠の妨害になるそうです。晩飯が遅い人は少量にしましょう。僕も少なくしました。ひもじい・・・(泣)

Д▲襯魁璽襪録臾果瑤任呂覆
→アルコールには興奮作用があり、睡眠の質の低下につながるそうです。睡眠にはマイナスだと肝に銘じておくべきでしょう。

┐匹鵑覆つくても電気は消しましょう
→騒音や光などは脳を刺激するするために、深い眠りを妨げるそうです。いっつも、電気つけっぱやった・・・・(汗)




・・で。これを実行した二日間の結果は・・・・・



最ッッ高ッッーー!!!すっきり起きて実に充実した一日でした!睡眠がこんなに一日に影響をもたらすとは・・・

みなさんもぜひ参考にしてください!!


地球に生まれてよかったーーー!!!


このページのトップヘ