お金持ちになる方法研究会(金方研)

お金持ちになると決めて早5年。実際にお金持ちになる道を突き進みながら日々思ったこと・勉強になったことを綴る密着ライブブログ!

はぁ…。


開放感と疲労感から来るため息です (;´Д`)三3ハア〜

今日、つーか、2時間前に今まで習っていた空手を退会しました。

フルコンタクトで最強を名乗る伝統的な流派と言えば、みなさんわかるでしょう。


何にしても何かを諦める、辞めるというのは気持ちのいいものではないですね。



………。




思い起こせば、空手をやろうと思ったのは大学入学して一ヶ月あとの5月でしたね。


高校時代で革新的な肉体強化を僕はしました。数値で表すと、

高校入学時:身長175cm、体重52kg、ベンチプレス45kg
   
     ↓  

高校卒業時:身長177cm、体重72kg、ベンチプレス103kg


にまで強化しました(爆


(メモ)
ベンチプレスとは、上半身を鍛える代表的なウェイトトレーニングの種目である。

ベンチプレスを行うだけでも上半身の筋肉の60%〜80%を鍛える事ができると言われており、主に大胸筋、上腕三頭筋、三角筋前部が鍛えられる。



写真で比べると別人です。親戚に会うと、いつも「おまえ誰?」と言われます。


(ちなみに、別ブログ「筋トレは呼吸です。」にその肉体改造の模様を載せてありますので、よかったら閲覧してくださいね♪)



で、単純に腕力を強くした僕は単純思考をします。


「よし!腕力という“土台”は揃った!!次は格闘技という“技術”を身につければ最強になれる!!」


べジータに憧れている小学生のような単純思考です。


べジータは今でも僕の先生ですが、何か?


まあともかく、そう思い、次はどの格闘技を習うかを決めることにしました。


足技の華麗なテコンドーか?

五体全てが武器の伝統武道、空手か?

立ち技最強ムエタイか?

格闘技マニアの中で最強と言われる柔術か?



その中で僕の嗜好に合ったのは、空手でした。


格闘技を習う理由は実生活で自己に及ぶ危害を避ける技術とそのトラブルに怖気づかない胆力を身に付けるのが目的だったので、

その中でも一番空手が僕は好きでした。

技術の多様性、伝統的に受け継がれている「精神力養成第一」の理念。


これらが空手にあったから。


そして、やるからにはキツイ方がいいと思い、基準を自分の中で決めました。



)榲に実践で使えるものを学ぶ(つまり、実践空手)

圧倒的にスゴイ人から学ぶ(つまり、部活ではなく、道場通い)

0貳崚租があって世間に認知されているものに学ぶ



これらの基準を超えてるのが某流派でした。


実際にやってみると、怖かったです。


殴り合いの喧嘩なんてしたことがない僕でしたから。

相手が殴りかかってくるんですよ?本気で。



練習していく中で、精神力が付いてきたのも実感していきました。何より緊張を楽しめるようになったのです。


「へっ、こんなの組み手に比べればたいしたことねーよ!!」


そういう思いで様々なトラブルにも冷静に対処していけました。


しかし、去年の九月あたりからサークルの運営や就職活動が活発になってきて、そして、ヨーロッパ一人旅などをして、色々と考えるようになりました。

そして、あまり空手に行かなくなりました。

段段と自分の生き方を深く考えるようになって、「本当にやりたいこと」「やらずにはいられないこと」が見つかってきたのです。


そういうものが自分の中に見つかったら絶対その気を鎮めることなく全精力を以って活動していきたい。

実際、そういうものが見つかった時は、文字通り一心不乱にならないと勿体無いですし、僕には両立なんて器用なことができなかったのです。


その思いが強くなって、中途半端になっている空手をやめて、そこに当てていた時間とお金をそっちに集中させていきたいと、メリハリをつけたいと思ったのです。



道場の人たちが真剣に自分の人生に空手を組み込んでいるなら、そこの教えを受けた人間としては自分も真剣になるものを見つけたら、それに全精力をかけるのが礼儀だと僕は思うのです。


そうして、やめました。


最後に、「勉強頑張ってくださいね。時間があったらいつでも寄ってってくださいね」と言ってくれた。


実際にやってみて思うのは、空手をやっている人たちは本当に優しい、といういことです。


「強いとは優しいことだ」という言葉をどこかで聞いたことがありますが、それを実感しました。自分もいつかああなれたらいいなと思っています。


辞めたからには約束どおり、これからの生活に全精力をかけていきたいと思います!


そして、本当に僕が凄くなった時に

「俺、あいつに空手を教えてたよ!」

と自慢してもらえるように。






みなさんは今、自分のやっていることに心から同意していますか?



「やらずにはいられないこと」って持っていますか?



中途半端な気持ちで物事に取り組んでいませんか?





もしそんな方が見てくれていたら、何らか思ってくれればいいなと思います(^^)


閲覧、ありがとうございました。



にほんブログ村 大学生日記ブログへ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ



ランキング用バナー

今日は小論文提出の日でした(^^)

大学生にもなって何で小論文をやってるのかって?実は仮面浪人して東大を受けようと思ってる・・・・・・


わけではないんですね(笑)


アルバイトなんです。変わってますよね?

僕はひとつのバイトをずっとやり続けるのも素晴らしいと思うのですが、僕はどちらかというと、「さまざまなバイトをすることで多様な視点や考え方、世界に出会いたい」と大学入学当時から思っていまして(^ω^)



「若いころは無駄も栄養です」

と、かの野茂英雄も言いました。いろいろなことをやってみる。その中で見えてくるものがある。僕はそういうタイプの人間でした。


しかし、実際に派遣、引越し屋、イベント運営、居酒屋での接客、イタリアンキッチンでの料理人経験、先輩が運営するイベントの広報担当、webカタログの校正、そして高校生小論文の添削員と、色々なバイトをしてみて思ったことは


「何一つ無駄なことなんてない」


ということですね(^^)


色々な話題や人に話を合わせられますし、見えてくるものが違ったり、色々なものに共通点を見出したり、そしてほんの少しだけ世界のつながりというものが見えてきている気がします。月並みですが、世の中は色々な業種でお互い構成し合っているんだなあと実感しました。


もし、あなたが大学1年か2年でバイトをやってないと言うのなら、ぜひやりましょう。自分でお金を稼ぐことの大変さ、社会の理不尽さを少しだけ理解できます。親たちの苦労とはレベルが違いますけどね。

両親、いつもお世話になってます。今ここでお礼を。(面と向かって言えよ)


もしバイトをやりたいけど、どうすればいいかわかんないよ!という方は、


,泙此⊆分は何のためにお金を稼ぐのか?(ビジョンの設定)

漫然と「金が欲しいから」では、モチベーションが上がりません。モチベーションが上がらなければ、何も吸収できません。

△修里燭瓩砲呂匹里阿蕕い金が必要か?(ビジョンの具体化)
ビジョンを具体化することで、日々それが近づいているかの指標になります。
「よし!海外旅行資金の50万まであと4万!!」などと僕は燃えてました(笑)

バイトをする上でどういうものを得たいか?

僕はバイトをするからにはお金だけではなく、もっと色々なものを得たいと思いました。アルバイトでも学ぼうと思えば、そのバイト場には教材が無限にありますよ!!
僕が一番得てよかったのは「料理の技術」ですね!居酒屋では人間関係がひどすぎて、その中で生きていく「人間関係力」も磨かれました(笑)


い匹離丱ぅ箸盧把禪造隆間は勤めましょう!!

これは純粋に礼儀の点です。どの企業やお店でも「最低これぐらいはやってほしい」というラインがあるはずです。それを守らなければ、バイトをやる資格はありません。居酒屋などの激務バイトは一年はやらないと何も身につきませんし、バイト場に役立つようになる前に辞めちゃったら迷惑になりますし。

これら四点を考えるとアルバイトが非常に有意義なものになると僕は思います!


バイトどうしよう…と思っている方は参考にしてくださいね(^^)

先日に書いた65時間連続稼動をサークルにてスピーチしてきました!

スピーチ者が僕になったので、スピーチネタを考えてたら、このネタに(^^)

前回ブログに書いた時は「俺やったぜ!!」とだけ思って一人でうぬぼれてたんですが、落ち着くと色々見えてきたものがあってこれについて話したい、と思ったわけです。

今回の65時間連続稼動を通して実感したことは二つ。

 嵋楜い枠茲譴覆ぁ廚箸いΩ斥佞亘榲だった。俺にもできる!

僕のサークルの顧問であり、僕の恩師でもあるKさんがいつも言われる言葉「本気は疲れない」

疲れたり、いやになったりするのは覚悟が中途半端だからだ。

本気になったら、自分の不足を見つけることすらたのしくなってくる。


という言葉を、サークルに在籍していた3年間ずっと聞いてきたのに全然実践できてなかったんです。

それが今回できたことで自信が付きました。



⊆分の普段の手抜き具合がわかった


自分が発揮しうる最大のパワーに、実際驚きました。しかし、それ以上に「最初からMAX出せよ」という気持ちへ変化し、今では「俺ならもっとやれるはず」と限界に恐れず挑戦できるようになりました。



自信をつけたい方、もっと今の作業に集中したい方。



ちょっと、この夏無理してみませんか?

このページのトップヘ